戯言

祝日の意味と由来とウンチクと <8月(山の日)>



ブログランキングに参加しています

神社・仏閣ランキング
ポチポチしていただけると喜びます



前回の記事。↓

若い時は、海海海〜!うぇーい!と言ってたのに歳を重ねてくると何故か山に惹かれるんです…何故?(笑)
「歳を取ったから」というコメントはわかる。
しかしそこじゃなくて、私が疑問に思うのは「歳を取ると何故山に惹かれるのか?」だ。

高いところから下界を見下ろしてちょっと神様の気持ちになる的な神様プレイがしたいから?
年齢に抗い「まだまだ全然体力あるし!」という確認作業?
本当はそうでもないけど大変そうな修行してる気持ちになるから?

上記の3つは全部私のことです(笑)

真面目に言いますと、若い時は単純に山の良さに気が付かなかっただけな気がします。
やっぱり海でキャッキャしたかったから(笑)

でも、神社に触れるようになって、木々が生き生きとしてる土地に行くことも増えて、早朝の土と緑の香りだとか、響き渡る小鳥の可愛い囀りなどを聞いていると、緑の中にいるのもいいもんだなぁと感じるようになりました。
それまでは殆どそんな風にして過ごしたことがなかったと思います。だから知らなかった。
今ではリスなどの小動物に遭遇することもあって、凄く楽しいです。

そんな経緯で最近”山”に興味が湧いてきました。
今年の夏に、思いつきで地元の小さな山で子供の時以来の登山をしてみたんですが、頂上に着いた時は凄く達成感があって眺めも素晴らしいし、とにかく爽快でした!

誰か知らんけど有名な登山家が「なぜ、山を登るのか?」と問いかけられ、

「そこに山があるから」

と言った気持ちがわか……るまでには至ってませんが、イヤどっちかと言うとわかんないけど、登山も良いものだな〜と感じたのは確かです!

そして次は…実は奈良県の大神神社三輪山に登拝させていただこうと思っていたのですが、今年はいわゆる”コロナ禍”で札幌からの旅行はとてもしずらく、タイミングも合わずで行くことが叶いませんでした…(とてもガッカリ…というか悔しい)

来年こそは!と思っています。
その時は、ここで奈良の神社と古都の素晴らしさをお伝えできたらいいなと思っています。(三輪山は山全てが御神体ということもあって登山中も撮影は禁止となっています)

山の日 (8月11日)

意義:山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。

そう言えば「山の日」っていつからあったんだっけ?昔はなかったよな…と記憶を辿るも”昔はなかった”ことぐらいしかわからず…という方は私だけではないはず。(巻き込み)
実は、施行されたのは2016年(平成28年)です。めちゃめちゃ最近!
この国民の祝日ができたきっかけは、

どうして海の日があるのに山の日がないんだ

という声からです。
…え?そんな理由??って思いますが、これホント(笑)

や、それよりもこんなことで祝日ができちゃうの?って感じです(笑)
川の日とか丘の日とかもゴネたら作れそう(笑)

まぁ〜、海幸彦・山幸彦の話もありますから、海があったら山も作ってバランス取りたいみたいなことが、もしかしたら日本人のDNAには刻まれているかもしれません。(どうかな)

しかし、一応この祝日を制定するにあたっては、日本山岳協会を中心とした山岳関係者の団体によって結成された山の日制定協議会という会でちゃーんと話し合って決められました。

山梨県など複数の府県で「海の日があるなら山の日も!」ということで祝日になる前の山の日が作られ、それを祝日にしようという構想が湧き上がったようです。

当初は、お盆前とも絡めやすいので8月12日案が出ていましたが、この日は御巣鷹山での大きな飛行機事故、日航機墜落事故(1985年)があった日と同日のため、一日ずらして8月11日に制定されました。

山の日の過ごし方

山の日」の過ごし方について調べてみました。

山の日

古くからある節句などと違い、国民によって最近作られた祝日ですから風習などはありませんが、意義にあるように山に親しみ恩恵に感謝するイベントなどが各地で行われています。

多くは登山が多いと思いますが、気軽に参加できるハイキングなどもあるようです。
この日をきっかけに登山っていうのもアリだと思いますが、自分の足で登らなくても車で行けるところまで行って、またはロープウェイなどを利用して、展望台からの景色を楽しんだり森林の空気を味わったりと、いくらでも楽しめそうな気がします。

ご家族がいる方は、山の麓などで昆虫や小動物を探したりも楽しそうですね!

日本は生命の揺りかごである海に囲まれた島国ですが、同時に生き物の息吹を感じられる山々が連なる国です。
なんと、国土のおよそ6~7割が山地なんですよ!
山は生き物を育むだけでなく、水を濾過してくれたり私たちの住む家の材料となる木々を育ててくれたり、実は日々たくさんの恵みを受け取っていますよね。

春には梅や桜が咲き、夏には青々と繁り、秋には燃えるような紅葉が、冬には白銀の世界を織りなす。(雪国だけ)
そんなことを考えると、山って日本らしさそのものが映し出されてるようですね。(愛おしくなる)

昔から日本人は自然を神を崇めてきた民族です。
山にも海にも川にも森にも岩にも、自然界のあらゆるものに神の姿をうつしてきました。
自然に対して驕ることなく、恵みに感謝しながら生活をしてきました。
現代では何でも簡単に手に入ってしまうので、山や海からの恵みがあるから自分たちは生きることができるんだ、ということが忘れがちになってしまいます。

せっかく制定された「山の日」。
そんなことに思いを馳せて過ごすのも悪くないと思います。

もちろん、ゴロゴロしたい人はゴロゴロするがいい(笑)



ブログランキングに参加しています

人気ブログランキング
ポチポチしていただけると喜びます


海の日祝日の意味と由来とウンチクと <7月(海の日)>前のページ

祝日の意味と由来とウンチクと <9月(敬老の日)>次のページ敬老の日

関連記事

  1. 戯言

    スピリチュアル的要素を言葉で盛り込まない理由はね (其の肆・結)

    &lt;前回の記事→ スピリチュアル的要素を言葉で盛り込まない理由は…

  2. こどもの日

    戯言

    祝日の意味と由来とウンチクと <5月(こどもの日)>

    もう鬱になりそうなゴールデンウィークの最終日である5月5日の「こどもの…

  3. みどりの日

    戯言

    祝日の意味と由来とウンチクと <5月(みどりの日)>

    「平日」から「国民の休日」、そして「みどりの日」へと昇格を果たした5月…

  4. 海の日

    戯言

    祝日の意味と由来とウンチクと <7月(海の日)>

    明治天皇の東北巡幸がきっかけできた祝日。元は7月20日でしたが、ハッピ…

  5. 拳法記念日

    戯言

    祝日の意味と由来とウンチクと <5月(憲法記念日)>

    「憲法」と聞いただけで、小難しそうという印象でちょっともう拒否反応が出…

  6. 戯言

    占い師をしていた経験から思うこと 〜本編 其の肆〜

    最終回は、人を占う側はどんなことを思ってるのか、ということを書いていま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキングに参加しています
ポチポチしていただけると喜びます


神社・仏閣ランキング
こちらのブログランキングにも
ポチポチしていただけると喜びます

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
神社izm 北海道からRYOが発信中 - にほんブログ村

カテゴリー

アーカイブ

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

  1. 熱田神宮
  2. 月読宮
  3. 伊勢神宮内宮
  4. 伊勢神宮外宮
  5. 二見興玉神社
  1. 北海道神宮

    北海道

    41. 北海道神宮(ほっかいどうじんぐう) 〜北海道札幌市〜
  2. 月読宮

    神社

    72. 月読宮(つきよみのみや) 〜三重県伊勢市〜
  3. 伏見稲荷大社

    神社

    63. 伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ) –稲荷山頭頂編R…
  4. 二見興玉神社

    神社

    67. 二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)・夫婦岩(めおといわ) 〜三重県伊…
  5. 下鴨神社

    神社

    62. 賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)/下鴨神社(しもがもじんじゃ) 〜京都…
PAGE TOP