成人の日

戯言

祝日の意味と由来とウンチクと <1月(成人の日)>



ブログランキングに参加しています

神社・仏閣ランキング
ポチポチしていただけると喜びます



前回の記事。↓

大人の階段、成人式
私がその階段を登ったのは遥か昔です。

どうも、RYOです。

私の時代の成人式は20歳になる年に行っていました。(地域によって違ったと思う)
なので会場にはハタチの子と19歳の子がいました。(多分)

ところが法改正で2022年(令和4年)4月1日より成人年齢が20歳から18歳に引き下げられることになりました。
みんな大人になるのが早くなったのね。

そもそも成人の定義ってなんでしょうか?大人って何?(迷子)
また成人式の由来は?
ハレの日である成人の日について調べてみました。

成人の日(せいじんのひ) 1月第2月曜日

同義語:元服・成人式・裳着(もぎ)・髪上・鉄漿(かね)
意義:
大人になったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。

成人の日」は1948年の祝日法の公布・施行によって定められた祝日です。
で、1999年までは1月15日を「成人の日」として成人式も同日に行われていました。(地域にもよるみたい)

日付が1月15日なのは「小正月(こしょうがつ)」が由来しています。
また、古来この日は「元服の儀」が行われていたそうです。

このように「成人の日」に関しては「小正月」と「元服の儀」、この二つが一緒になったものと考えて良さそうです。
小正月」とは、新年最初に迎える満月の時期を言います。

「え?来年の1月15日って満月ちゃうやん…」

と思ったあなた!
実はちょっとひと捻りありまして、ここで言う「小正月」というのは太陰暦が用いられています。
太陰暦というのは月の満ち欠けに基づいて作られた暦のことです。
通称、陰暦。(または現代でいう「月齢カレンダー」)
太陰太陽の対義語のことを指します。
因みに、月の満ち欠けで暦が進むと1年の周期にズレが生じますが、これに閏月を足した太陰太陽暦というのもあります。
現在の暦(カレンダー)は太陽暦(=新暦)、昔の人が使っていた暦は太陰暦(=旧暦)なので、歴史書とかで「旧暦」と書かれているものは太陰暦を使ってると思っておおよそ間違いありません。

暦の話はこのへんにして、そんな感じで小正月太陰暦の1月15日に定められていました。
この日は各地で豊作を願い、また厄を払うドンド焼きなどの行事もこの頃から行われていました。(「小正月」についてのその他の詳しいウンチクは長くなるので省きます)

それと同時に、元服の儀もこの日に行われていました。
元服の儀というと、私たちの感覚だと戦国時代に行われてるイメージが強いと思いますが、どうやら奈良時代からあった儀式のようです。

奈良時代においての儀式は、数え年で12歳〜16歳頃の間に行われ、身分や時代によって変わりますが男子は髪を結い冠または烏帽子を授かったり、月代(さかやき。額の上の部分)を剃るなどします。また幼名を実名に改めるなどしていました。(そんな若さで嫁にいくのが普通だったのね)
女子の場合も年齢は同じく数え年で12歳〜16歳頃。
裳(も)という衣服を身に付ける儀式 (「裳着」)が結婚が決まったタイミングなどに行われていました。
鎌倉時代以降は、男子は15歳、女子は13歳で成人とみなされるようになりました。
また江戸時代の農村では成人とされる年齢は引き上げられ、数え年で18歳や19歳というのが一般的だったようです。
もう一つの成人の基準として一人前である事が重要だったようです。

……。
一人前ってなんですかね?

辞書などには、

・積極的な助力がなくてもするべきことをできるような、成熟した技量や人格を持つ人間。一丁前。
・年齢や肉体が大人あるいは大人と見なせるような人間。

と載っています。(Weblio国語辞典より)
「体も成熟して一人でなんでもできるし、自分で物事の判断ができまっせ」という域に達している状態でしょうか。
これって現代でいう”成人”のイメージとほぼ一致ですね。
実際にその時代の農村などでは、一日に◯kgの芝刈って◯kg売り歩けたら一人前、というような基準もあったようです。

つまり、「一人で生活できる人間に成長したら一人前(=成人)」ということですかね。

農村などで行われていた儀式の呼称は「元服」ではなく、成年式成女式と呼ばれていたそうですが、これは明治以降は衰退していきました。

現在のように一斉に成人式をやるようになったきっかけは徴兵制度にありました。
実は明治時代の日本でも徴兵制度があり、20歳になったら兵役につく、という決まりがありました。(が、実際に徴兵されたのは5%ほど)
1945年(昭和20年)に終戦し、その後、徴兵制度はなくなりましたが、20歳という節目を祝うため、1946年(昭和21年)、現在の埼玉県蕨市で元服の儀が行われていた太陰暦の1月15日に因んで太陽暦の1月15日に「青年祭」というのを催しました。
これが全国に広まり、1948年に制定された「国民の祝日に関する法律」により「成人の日」という祝日が生まれました。

そんなこんなありまして、現在の太陽暦いう1月15日が「成人の日」とされ成人式をこの日にやってきましたが、翌年の1998年(平成10年)に祝日法の改正があり、「ハッピーマンデー制度」なるものが生まれたことで、以降は1月の第2月曜日が「成人の日」となりました。(1999年から適用)

ハッピーマンデー制度」とは、土〜月と休日を3連休にするために、一部の祝日を月曜日に移行する制度です。
個人的にはコレ要らんな〜って思います。
土曜日も仕事なので3連休にならんし、2連休は嬉しくないわけじゃないけど休みたい時は自主的に休み取るし、平日にポコッと赤い日があるのが小休止って感じで好きなんですけど…。あとね〜、休みが他の人とかぶると人混みの中へお出かけしなくちゃならなくなるから云々…(あ、完全に個人的な愚痴です笑)

「成人の日」の過ごし方

現代の成人式及び成人の日の過ごし方を調べてみました。

成人式

以前の式典参加の対象は、前年の成人の日の翌日からその年の成人の日までに20歳の誕生日を迎える人でしたが、いつからか不明ですが前年の4月2日からその年の4月1日に20歳になる人が対象とされるようになったようです。
また、地域によっては帰省シーズンなども考慮して大型連休やお盆に成人式を行う自治体もあるそうです。

女性は振袖、男性はスーツなどで正装します。
最近は女性でもを着たりしますが、動きやすさとブーツも履けるというメリットがあるようです。
雪国は特にブーツが履けるのはありがたい!
…でも、は専門学校や大学の卒業式でも着れるので、成人式はやっぱり振袖に白いモフモフが良いかもしれませんね(*´꒳`*)
一生に一度のことだし、後悔のない格好で写真に残りたいものです。

私は反抗期が抜けきらずムスッとして写ってしまって、なかなか写真を見返す勇気がありません…
ビジュアルが残るものは気をつけましょう(笑)

振袖

ハレの日に着る振袖は見ているだけで華やかさを感じますが、振袖を着るのには意味がありました。

着物にも様々な種類がありTPOに合わせて様変わりします。
振袖未婚女性しか着れないものであり、未婚女性にとっての礼服とされてきました。
成人式最も格式の高い儀式とされている冠婚葬祭の「」に当たるので、未婚女性は振袖で参列するのが通例とされています。

また、成人式で着る振袖の色に、赤が多いのにも理由があります。
このブログでも何度かお伝えした事がありますが、赤は神聖な色であるのと同時に魔除の意味があります。
節目、節目にお祓いをする日本人の文化がここにも現れていました。

振袖を着る意味がもう一つあります。
振袖というのはその名の通り、「振り」がある着物を言います。
古来より、神様に仕える巫女が「魂振り」という儀式を行なっていましたが、これは袖や長い布を振って神様を呼び起こすものです。
「振る」という行為は厄を祓ったり神様へお祈りを捧げるという行為で、振袖の「振り」を振ることも同じものとされてきました。

このように、人生の節目にハレ着を着て厄を落とし神様の御加護のもと、一人前としてこれからの未来へ無事に飛び立っていけますように、という願いが込められたのが成人式で着る振袖なんですねー。

これには、振袖を用意してくれる親の、大切な子へ対する愛情、想い、願いも溢れるほど込めれられているのでした。(エエ話やないか)

どうですか?
ちょっと振袖を着たくなったでしょ?(未成年の皆さんは昭和時代のネタでもハテナなのにそれより古い時代の風習とか書いてるこんなウンチクブログ読んでないか)

え?男子のの意味?
あ、それは改まった場にふさわしい礼装だから。(雑)



ブログランキングに参加しています

人気ブログランキング
ポチポチしていただけると喜びます


関連記事

  1. 戯言

    占い師をしていた経験から思うこと 〜本編 其の参〜

    未来って誰しも気になるもので、中には”今”がよければいいっていう方もい…

  2. 建国記念の日

    戯言

    祝日の意味と由来とウンチクと <2月(建国記念の日)>

    全国の皆さんがなんとなく過ごしているであろう祝日第一位(私調べ)の「建…

  3. 戯言

    占い師をしていた経験から思うこと 〜本編 其の弐〜

    占い師として活動していた経歴を元に、そこで得たことことを思いのまま綴っ…

  4. 戯言

    占い師をしていた経験から思うこと 〜本編 其の壱〜

    &lt;前回の記事→ 占い師をしていた経験から思うこと 〜序章〜&g…

  5. 天皇誕生日

    戯言

    祝日の意味と由来とウンチクと <2月(天皇誕生日)>

    「天皇誕生日」は、かつては古来から続く四大節の一つの「天長節」だったこ…

  6. 戯言

    スピリチュアル的要素を言葉で盛り込まない理由はね (其の肆・結)

    &lt;前回の記事→ スピリチュアル的要素を言葉で盛り込まない理由は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキングに参加しています
ポチポチしていただけると喜びます


神社・仏閣ランキング
こちらのブログランキングにも
ポチポチしていただけると喜びます

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
神社izm 北海道からRYOが発信中 - にほんブログ村

カテゴリー

アーカイブ

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ記事

  1. 熱田神宮
  2. 月読宮
  3. 伊勢神宮内宮
  4. 伊勢神宮外宮
  5. 二見興玉神社
  1. 伏見稲荷大社

    神社

    63. 伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ) –稲荷山頭頂編R…
  2. 北海道神宮

    北海道

    41. 北海道神宮(ほっかいどうじんぐう) 〜北海道札幌市〜
  3. 二見興玉神社

    神社

    67. 二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)・夫婦岩(めおといわ) 〜三重県伊…
  4. ハワイ出雲大社

    海外

    28. ハワイ出雲大社(ハワイいずもたいしゃ) 〜ハワイ州ホノルル市〜
  5. 伏見稲荷大社

    神社

    36. 伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ) 〜京都府京都市〜
PAGE TOP