こどもの日

戯言

祝日の意味と由来とウンチクと <5月(こどもの日)>



ブログランキングに参加しています

神社・仏閣ランキング
ポチポチしていただけると喜びます



前回の記事。↓

さて…残念ながらゴールデンウィーク最終日となってしまいました。
この日は多くの方が、”サザエさんシンドローム”のような鬱状態になってることでしょう。
朝はまだいいですが、15時を過ぎたあたりから切なさしかありません(笑)

今回はそんな(どんな?)「こどもの日」について調べてみました。

こどもの日 (5月5日)

意義:こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

こどもの日」が制定されたのは昭和23年(1948年)です。
元旦」の記事でも書きましたが、日本の暦には、節句・節供というものがあります。
一年のうちの重要な節目のことで、神祭を執り行う日となっています。
こどもの日」は平安時代からある、人日(じんじつ。正月7日)、 上巳(じょうし。3月3日)、 端午(たんご。5月5日)、 七夕(しちせき。7月7日)、 重陽(ちょうよう。9月9日)からなる5つの節句の総称「五節句(ごせっく)」の中の端午にあたります。

そうです、「端午の節句」というやつです。

5月5日は「こどもの日」となる前に、奈良時代から「端午の節句」として神祭が行われてきたわけですが、どんな由来で「端午の節句」になったのでしょうか。

そもそも「端午の節句」は中国の邪気祓いが元にあるようです。
旧暦5月は中国では雨季にあたり、作物に害があったり疫病が流行ったり忌み嫌われる月でした。
強い香りを放つものは邪気祓いの効果があると信じられていて、ヨモギを使った人形を飾ったり、お酒に菖蒲(サトイモ科)を入れて菖蒲酒を飲んだ理していたそうです。
これが、平安時代に中国から日本へと伝わってきました。

当初の宮中では「端午節会(たんごのせちえ)」と呼ばれる儀式が行われ、貴族の間でも菖蒲などの薬草を飾ったりすることが普及して、厄祓いとしてされていた行事でした。

菖蒲(しょうぶ)は「尚武(しょうぶ)」に通じるということで、武家社会の時代では菖蒲の葉(シュッとした葉です)を刀に見立てて飾ったり、兜を飾ったりするようになったそうです。
また、江戸時代になると男子が生まれると幟を立てる風習が生まれ、これが後に鯉のぼりへと変化してきました。
男の子はその家を守る存在、そして名前を受け継いでいく存在なので、生まれた男の子の厄を祓い、無病息災や出世を願う行事へと変化していったのでしょう。(昔は子供も生まれてすぐに亡くなってしまうことも多かったですからねぇ…)

というわけで、端午の節句が”男の子の日”となったのは江戸時代からでした。
因みに五節句が定められたのもこの時期で、5月5日が”男の子の日”なのに対して桃の節句(祝日ではないのでここでは詳しくやりません)の3月3日が”女の子の日”となったのもこの時代です。

では、「こどもの日」はどんなキッカケで生まれたんでしょうか?

こどもの日」が制定されたのは昭和23年(1948年)です。
もうこの年数だけで「もしかしてまたアレか…」と思う方もいるかもしれませんが、そうです、またアレ(←GHQ)です(笑)

5月5日は、戦後のGHQ(連合国軍最高司令官総司令部=第二次世界大戦終結に伴うポツダム宣言を執行するために日本で占領政策を実施した連合国軍機関)の指導の元、定められた祝日となりました。
流れとしては、いつを祝日にしたらいいか日本国民にアンケートを取ったそうです。(ホントかなぁ?)
アンケートの結果、五節句のうち女の子の成長を祝う日である「上巳」(3月3日)と男の子の成長を祝う「端午」(5月5日)を祝日にしたい!という声が多く上がったのですが、GHQサイドで「ちょっと子供関連の祝日は2回も要らなくない?ややこしいから二つ合わせて”こどもの日”でいいじゃん」としてしまったそうです(笑)

日本人としては、3月3日も5月5日も大切な娘、息子の健やかな成長を祝うという一大イベントの日だったのですが、その感覚はGHQさんには汲んでもらえなかった…ということですね(ショボン)

そんなわけで、「端午の節句」は祝日になったけど「桃の節句」は平日となっているわけです。
それでも子を想う親の昔ながらの風習は今も受け継がれていて、戦後75年も経った今でも「桃の節句」、「端午の節句」で女の子と男の子を分けて儀式(というほどでもないけど)が行われています。

こどもの日の過ごし方

こどもの日の風習や過ごし方について調べてみました。

鯉のぼり

こどもの日」と聞いて真っ先に頭に浮かぶのは鯉のぼりではないでしょうか?
上記で軽く触れましたが、鯉のぼりを飾るようになったのは、江戸時代に男の子が生まれたお祝いに幟を立てる習慣からです。
元は幟には家紋を入れていたそうです。それがどうして””の幟になったのでしょうか。

綺麗な水の中だけではなく、汚れた沼地でも生きていけることから、というのは生命力のシンボルとされてきました。
また、中国の伝説で、「竜門」と呼ばれる激流が黄河にあり、その激流を上りきった鯉は龍になるれるという伝説も由来となっています。
登竜門(とうりゅうもん)」という言葉は聞いたことがあると思いますが、この言葉も同じ由来です。

男の子には、これから起こる人生の様々は困難を乗り越えて立派な人になって欲しい、という親の思いが鯉のぼりには込められているのでした。

江戸時代では、黒色の鯉が1匹だけだったそうですが、明治以降に赤色、青色が加えられました。
それがいつしか黒色の鯉は父を、赤色の鯉は母、青色の小さな鯉は子供を表すようになります。
また、子供が新たに生まれたら、更に小さな鯉を増やしていくという習慣があるようです。
鯉のぼりは男の子のためのものだった幟が、いつしか家族全員の絆を表すような鯉型の幟に変化していった、というワケです。

ところで、鯉のぼりの一番上についているカラフルなヒラヒラは何かご存知でしょうか?

色をよく見ると5色になっていますが、これは中国由来の五行説に因んでいます。
五行説とは、木・火・土・金・水の5つの要素が互いに影響し合い循環しているという思想です。それぞれの要素を順に青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)で色付けされたのが鯉のぼりの一番上に取り付けられた”吹き流し”で、これには魔除の意味があるそうです。

この5色は同じく中国から伝来してきた仏教でもよく使われてる色で、寺院の幕などでも五色幕を見掛けることができます。

派手にさせたいからと単なる飾りでヒラヒラをつけてるのかと思ってましたが(笑)、そうではなくちゃんと意味があったんですね〜。

鯉のぼりは最近はあまり見なくなって、少し寂しくもあります。
ですが、最近では観光協会や自治体などで川を挟んで鯉のぼりを「これでもか!」ってぐらいに連ねて風に泳がせる催しもあったりして、ああいうのは見ていて楽しいですね♪

五月人形

こどもの日」と聞いて真っ先に頭に思い浮かぶのは鯉のぼりですが、「端午の節句」と聞いて思い浮かぶのは、私は断然五月人形です!
こちらも最近では飾るご家庭も少なくなったかもしれませんね。(高そうだもんなぁ…)

五月人形の由来は戦国時代に遡ります。もう戦、戦で至るところに武士だらけの時代の話。
兜や鎧などの甲冑、武具などを梅雨が来る前に風通しの良いところに出して、虫干しや手入れを行う習慣がありました。
これがちょうど端午の節句の時期にあたることから、次第に男の子のために用意した甲冑などを飾るようになっていきました。

また甲冑は身の安全を守る大切なものということから、大切な子供を守ってくれるようにとの願いが込められるようになったそうです。

甲冑、カッコいいですよね!(ちょっと戦国好き)

菖蒲酒・菖蒲湯

上記でも少し触れましたが、強い香りを放つ菖蒲というのは古来中国では邪気祓いとして使われてきました。
我が家では「こどもの日」に菖蒲云々のしきたりがなかったんですが、これは北海道だからでしょうか?それとも我が家だけでしょうか?
ここでいう菖蒲とはアヤメ科の花菖蒲ではなくてサトイモ科の菖蒲のことです。(お間違いなきよう)

菖蒲酒は奈良時代から魔除ついでに飲まれるようになりました。
菖蒲の根の部分をスライスして冷酒に浸して作りますが(あまり長く浸しすぎるとアクがでるので30分ぐらいでいいらしい)、これがまた香りがとても良いそうです!(菖蒲と関係ないけど、ひれ酒はかなり香りが良くて好きです)
や、菖蒲の香りって嗅いだことないんですが、ちょっと興味をそそられますね〜。(一杯やりたいもんだ)
菖蒲酒には血行促進などの効能もあるので、健康になって厄を祓おう!というワケですね。(某養命酒的な?)

また、菖蒲湯というのもあって、薬草同様に使われていた菖蒲はお風呂に入れると良い香りが漂うこともさることながら、薬効もあるので古来から親しまれてきました。
保温効果があり、こちらも血行促進の作用があるので腰痛や肩凝り、冷え性などに良いそうです。
また、葉を頭に巻くと頭が良くなるというおまじないがあるそうですが……私は別にいいかな(笑)

菖蒲湯の作り方は、10本ほどの菖蒲の葉を束ねて、水をはった浴槽に入れて沸かすか、今時は蛇口からもお湯がダイレクトに出るので、ちょっと熱めの温度設定にして束ねた菖蒲をドボン。
温度が適温になったら入浴する形がオススメだそうです。

端午の節句の季節になったらお花屋さんでも菖蒲の葉が売り出されるので、来年はやってみたいですね〜。
根の部分を売ってるところはあまりないようなので、菖蒲酒はネットとかで根っこを取り寄せないと難しいかな。

粽(ちまき)・柏餅

端午の節句に食べられているものは関西と関東で違うようです。

関西では粽が主流。
これもまた中国に由来しますが、その昔、屈原(くつげん)という楚の国で高名な詩人がいました。
屈原は国民にとても慕われており、国王の側近として仕えていましたが、陰謀のために国を追われ、旧暦5月5日に川に身投げしてしまいました。
国民は屈原の身が魚に食べられてしまわないように、たくさんの粽を川に投げ入れて弔ったそうです。
後に、それが国の安寧を願うものに変わっていったそうです…が、なんかちょっと由来としてはストーリー的に違和感は拭きれない(笑)

とにかく、これが端午の節句に粽を食べるようになった由来。

では関東バージョンの柏餅の由来は?

柏の葉というのは、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があります。
これが「家系が絶えない」「代々続く」という意味に置き換わり、子孫繁栄として縁起が良いものとなりました。
また、柏の木自体も”神が宿る木”とされていて神社の御神木などにもなっています。(北海道神宮でもとても大きな柏の御神木があります)
柏餅は至って日本風な由来ですね。

いつから普及したのかというと、これもまた江戸時代でした。

私は端午の節句は粽より柏餅の方が馴染みが深いですが、関西の方では祇園祭でも粽がたくさん売られていたし、551蓬莱の粽も美味しいし、どっちか選べと言われたらダントツ粽です(粽好き)

昔は、子供は7歳までは神様からの預かりものとされていました。
本来は端午の節句の日ではありますが、「こどもの日」とされる現代においては、子供の健やかな成長を願う日となっています。
また、「こどもの日」の意義にあるように”母に感謝する”日でもあります。
子供は母から生まれるから(お父さんもいないと生まれないけど)、大変な出産を経てかけがえのない子供を産んでくれてありがとう、という意味合いですね。

結果、お父さんが一人で家族サービスする日ということでしょうか(笑)
全国のお父さん、応援しています(笑)



ブログランキングに参加しています

人気ブログランキング
ポチポチしていただけると喜びます


みどりの日祝日の意味と由来とウンチクと <5月(みどりの日)>前のページ

祝日の意味と由来とウンチクと <7月(海の日)>次のページ海の日

関連記事

  1. 戯言

    占い師をしていた経験から思うこと 〜本編 其の壱〜

    &lt;前回の記事→ 占い師をしていた経験から思うこと 〜序章〜&g…

  2. みどりの日

    戯言

    祝日の意味と由来とウンチクと <5月(みどりの日)>

    「平日」から「国民の休日」、そして「みどりの日」へと昇格を果たした5月…

  3. 元日

    戯言

    祝日の意味と由来とウンチクと <1月(元日)>

    日本の暦には祝日、二十四節気、節句、雑節など様々なことが書かれています…

  4. 海の日

    戯言

    祝日の意味と由来とウンチクと <7月(海の日)>

    明治天皇の東北巡幸がきっかけできた祝日。元は7月20日でしたが、ハッピ…

  5. ホロスコープ

    戯言

    スピリチュアル的要素を言葉で盛り込まない理由はね (其の弐)

    &lt;前回の記事→ スピリチュアル的要素を言葉で盛り込まない理由は…

  6. スポーツの日

    戯言

    祝日の意味と由来とウンチクと <10月(スポーツの日)>

    10月10日は「体育の日」でした。ところがある時から10月第2月曜日に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキングに参加しています
ポチポチしていただけると喜びます


神社・仏閣ランキング
こちらのブログランキングにも
ポチポチしていただけると喜びます

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
神社izm 北海道からRYOが発信中 - にほんブログ村

カテゴリー

アーカイブ

2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

おすすめ記事

  1. 熱田神宮
  2. 月読宮
  3. 伊勢神宮内宮
  4. 伊勢神宮外宮
  5. 二見興玉神社
  1. 下鴨神社

    神社

    62. 賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)/下鴨神社(しもがもじんじゃ) 〜京都…
  2. 伊勢神宮内宮

    神社

    70. 伊勢神宮-内宮(いせじんぐう-ないくう)/皇大神宮(こうたいじんぐう) …
  3. 松尾大社

    神社

    40. 松尾大社(まつのおたいしゃ) 〜京都府京都市〜
  4. 二見興玉神社

    神社

    67. 二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)・夫婦岩(めおといわ) 〜三重県伊…
  5. 住吉大社

    神社

    27. 住吉大社(すみよしたいしゃ) 〜大阪府大阪市〜
PAGE TOP